Japanese / English


Works


     名画を見たときにそれを描いた画家の当時の想念が自身に重なる感覚が常にある。これは同じく画家である自分にしか体感できないことなのかもしれないが、この想念に絵の具を乗せてみたら見ている人にも同じ体験をしてもらえるのではないかと考えた。ヴァン・ゴッホが何を感じて筆をふるっていたかをキャンバスに再現したシリーズです。


title《ゴッホの想念 》

acrylic / quartz crystal powder on canvas or panel, F6 ~ F50, (c)Miho Kitamoto





     世界の表面/裏側は鑑賞者の方に実在への疑問を投げかける作品です。私たちが風景として見ている山。実際は平面に皺がよることでできた起伏をそう呼んでいて、その中身や裏側がどうなっているか知ることができません。是非近くに寄って横から見たり下から覗き上げたりしてみてください。


title《世界の表面》

2018, acrylic on canvas/ water paper /tax /wood frame , F6 x 12 peaces, (c)Miho Kitamoto




title《  世界の裏側  》

2018, acrylic on canvas/ water paper /tax /wood frame , F100, (c)Miho Kitamoto




     縁あって札幌資料館(旧札幌控訴院)で展示をさせていただきました。展示室にある窓から射し込む木漏れ日。その先にまっすぐ続く大通公園と、そこでくつろぐ市民のみなさんの声。そこから吹き込む優しい風。展示室の窓を通じて平面と空間、室内と外の世界がどう調和するのかを感じていただく作品です。


title《  風  》

acrylic / quartz crystal powder on canvas / windows, F30 x 2 peaces , (c)Miho Kitamoto





お問い合わせ